2012年01月28日

Xナンバー

さっきまで、久々に映画『ネイビー・シールズ』観てました。
M4が一切出てこず、
MP5とAKしか出てこないのが新鮮です。(笑)
後半のベイルートに潜入する時のAK、
昔は、AKS47だと思っていたら、AKMSみたいですね。
RPKもバカスカ撃ってたり、意外と『AK映画』ですね。

なぜ、急に『ネイビー・シールズ』を観たのか…?
その理由が解るのは…
たぶんSEALs工房のDaisukeさんでしょう…(笑)

こんにちは、なんちゃってPMCです。
年末に『XCR-L mini』、年明けに『XDM-40』と、
Xナンバーのモデルを続けて購入していますが…
このXナンバーモデルも購入してましたァ…↓


          『XR』…?

 
     『タミヤ 1/12スケールRC XR311 コンバットバギー』

やっと手に入りました。それも新品です。久々の再販売です。
1977年12月に、タミヤ初のRCバギーとして発売されたXR311。
実車は、クライスラーエンジン(V8)を積んで4WD。
米陸軍の『コンバット・サポート・カー構想』から生まれた物で、
現在の『HUMMER』の祖先的な試作車です。

このラジコン、2000年9月に足廻り等をリファインして
限定復刻されたのです。
それから12年経ち、今月の8日に久々に再販されたのです。


現代のRCと比べると、『プラモデルっぽい』ですね。

 
シャーシは、1977年当時と同じ、ジュラルミンプレートを
コの字に曲げたチャンネル
型フレームを採用しています。
駆動方式は
モーターをリヤエンドに縦置きした後輪駆動2WD。
サスペンションは上下ともHアームで構成された
4輪ダブルウィッシュボーン。
スプリングは、
効きの調整が可能な金属製トーションバーを水平縦置きしています。
実車だと、トヨタ・ハイエース、ハイラックスサーフのフロントと
同じ構造です。


ミリタリールックが精悍なボディはリアルなスチロール樹脂製です。

完成すると、こんな感じになります。↓




   (2010年7月、タミヤ・モデラーズギャラリーにて撮影)

現代のRCレーシングバギーと比べると、『おもちゃっぽい』ですが、
逆に、新鮮ですし… 30代後半~40代のオジサンには…
『子供の頃に買えなかったモノが、手に入る!』これが嬉しいです。
価格も、希望小売価格¥23,940-。ですが、
スーパーラジコンなどでは、14,000円ちょっとで買えます。
別途、プロポ&アンプセットが必要ですが、¥12,000-位で
購入出来るので、トータルで¥30,000-位で走ります。(笑)

この『コンバット・バギー』、今回も『スポット再販』なので、
売り切れたら終わりなので、気になった方はお早めに…

あと、これもすでに手元にありますよ…↓


   『タミヤ 1/10スケールRC・アタックバギー 2011』

去年の7月に現代版にリファインされて、新発売となりました。
これは、スポット生産では無くレギュラー販売なので、
いつでも購入できます。


成型色がTANカラーで、プラモ用塗料で塗装も出来ますが、
塗装が苦手な方用に、迷彩パターンのステッカーが付いてます。

『RCを作るのも苦手です』っと言う方の為に、なんと来月の11日に、
組立て&塗装済みのマシン、『エキスパートビルトシリーズ』で、
発売されます。送信機、バッテリー等すべてがセットで、
すぐに走らせる事が出来ます。 そちらも良いと思いますよ。

この『アタックバギー』、元がやはり旧タイプのラジコンカーなので、
サスペンションが、ダンパー無しのスプリングのみの設定。
走らせると、ポンポン跳ねるのが難点だったのですが…
つい先日、オプションパーツが限定発売されました。




    『アタックバギー(2011) アルミダンパーセット』


アルミ製のダンパーケースにオイルを入れる、
本格的なダンパーです。
実はこのダンパー、
アタックバギーをベースにして純レーシング仕様として、
その後発売された…↓


『ワイルドワン』のダンパーパーツなんです。
このダンパーパーツ、限定販売なので欲しい方は、お早めに…
ワイルドワンも再販されませんかねぇ…
でも、『コンバットバギー』が再販されたのですから、
これも『再販』して欲しいですねぇ…


    『ランボルギーニ・チータ』
足廻りが、コンバットバギーと共通なんですよねぇ~
今の若い人は、知らないかなァ…?(笑) 実車の事とか…


ミリタリーなラジコンバギーが2台、XR311は、もう一台買うかも…
とりあえず、どちらかを作ろうかと思います。

ではicon23、今日はこの辺で失礼します。







同じカテゴリー(ラジコン)の記事画像
まさかの~『復刻!』
欲しい方は、お早めに。
どうしよう? 買っちゃった…
『限定』この言葉に弱い自分・・・
Universal-Motor-Gerät
なぜに? パジェロ?
同じカテゴリー(ラジコン)の記事
 まさかの~『復刻!』 (2011-04-17 01:10)
 欲しい方は、お早めに。 (2010-04-11 01:58)
 どうしよう? 買っちゃった… (2009-07-20 00:06)
 『限定』この言葉に弱い自分・・・ (2008-11-25 00:05)
 Universal-Motor-Gerät (2008-08-02 00:45)
 なぜに? パジェロ? (2008-06-14 22:38)

Posted by なんちゃってPMC  at 02:00 │Comments(1)ラジコン

この記事へのコメント
初代XR311のニッカド電池で時速18Km/h出てアスファルト舗装で走らせるとバルーンタイヤがスキー音を出ました。
初代はトーションバーが細いABSプラスチック棒なので簡単に折れました。
棒の両端が細い四角なので自作が困難でした。
折れ易い交換パーツが送料別1800円で、兄弟のお小遣いを集めてやっと買い揃えた学生にとって、ふざけた価格でした。タミヤが改良部品を作りませんでした。
Posted by アンチタミヤン at 2015年10月08日 15:23
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

< 2017年05月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


プロフィール
なんちゃってPMC
なんちゃってPMC
プライマリーウェポン G36K・RAS
             M14・RAS
             MP5A4 PDW
これからサバイバルゲームに参加しようと思ってる方の
参考になる様なブログが目標
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 20人
オーナーへメッセージ